日記 2022年2月 | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

日記

DIARY

「兄弟で争うことなく売却できるように土地を相続したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
共有分割は公平感があると思われがちですが、後から揉める可能性があります。
そこで今回は、兄弟で土地を相続する際に共有分割はおすすめしない理由と売却しやすいように相続する方法をご紹介します。

 

□共有分割をおすすめしない理由とは?

共有分割とは、相続した土地を兄弟で共有し、土地の名義を共有名義とする方法のことです。
兄弟で相続する際に、共有分割を選択しない方が良い理由は主に3つあります。

1つ目は、個人の意思だけで売れないことです。
共有者のうちの1人が土地を売りたくなった場合、過半数または全員からの許可を得る必要が出てきます。

2つ目は、個別に固定資産税を払えないことです。
共有分割の場合、代表者が他の兄弟から集めて支払う必要があります。
お金を集めることに苦労することが多くなり、トラブルが発生しやすくなります。

3つ目は、相続で共有者がさらに増えていくことです。
例えば、最初は共有者が兄と弟の2人だけであったとしても、二次相続で両者の子供が引継ぎ、三次相続でその子供のさらに子供たちが引き継ぐというように、共有者が増えていきます。
共有者が多ければ多いほど、土地の売ることについての同意を得ることが難しくなります。

 

□売却しやすいように土地を相続する方法とは?

ここでは、後々売却しやすいように、共有分割を避けながら土地を相続する方法を3つご紹介します。

1つ目は、遺産全体で分割することにより土地を単独名義にすることです。
土地のような特定の財産だけではなく、遺産全体に着目します。
証券や現金などの財産もあれば、それらも含めて公平に分けられないか検討しましょう。

2つ目は、土地を分筆して相続することです。
分筆とは、1つの土地を2つ以上の土地に分けることです。
この場合、兄弟それぞれの単独名義のものになります。
単独名義の土地であれば、売却したり維持のために管理したりするのも個人の自由になります。

3つ目は、土地とその他の遺産の差額を現金で清算することです。
1つ目の方法のように、遺産全体に着目しても、うまく公平に分けられない場合が存在します。
土地とそれ以外の遺産の差額を現金で調整するのも1つの方法です。

 

□まとめ

本記事では、兄弟で土地を相続する際に共有分割はおすすめしない理由と売却しやすいように相続する方法について解説しました。
今回紹介した方法を参考に、共有分割を避けながら、売りやすくしておきましょう。
兄弟で相続した土地の売却について気になることがあれば、ぜひ当社にご連絡ください。

投稿日:2022/02/28投稿者:-

「古家付きの土地を更地にする費用について知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
更地にするためにはいくつかの費用が必要です。

また、古家付きのままで売るメリットも存在します。
そこで今回は、更地にするのに必要な費用と、古家付きの土地と更地のそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

□更地にするのにかかる費用について

更地にするのにかかる費用は主に3つあります。

1つ目は、建物の解体費用です。
建物を解体するために必要になる費用は、構造によって異なります。
一般的に硬い構造の建物ほど費用は高くなります。
また、家具を建物の中に置いたままであれば、家具を処分する費用も加算されるため、注意しましょう。

2つ目は、解体時の付帯工事費用です。
この費用は、樹木や塀を撤去する際に必要です。
樹木は1本あたり1から5万円程度、ブロック塀は1平方メートルあたり2から3千円程度かかります。

3つ目は、土地を平らにならす整地費用です。
「整地」の工程で解体後の土地を平らにならすことにより、新たな建物を建てられる状態にします。
地中埋設物がない場合、整地のみを行う費用の相場は1平方メートルあたり300から600円です。
解体するときに出た廃棄物を処理したり、地中埋設物を取り除いたりする作業が必要であれば、その分の費用も上乗せされます。

 

□古家付きの土地と更地のそれぞれのメリットとデメリットとは?

古家付きの土地で売る場合と更地で売る場合の、それぞれのメリットとデメリットについて、3つの観点からご紹介します。

1つ目は、更地にするのに必要な費用についてです。
建物がある状態のままにしておくのであればもちろん必要ありませんが、更地にして売るのであれば、先程述べたような費用がかかります。

2つ目は、固定資産税についてです。
建物がある状態では、住宅用地の軽減措置特例が適用されます。
この特例では、固定資産税は、敷地面積の200平米までの部分は6分の1、200平米超までの部分は3分の1になります。
そのため、固定資産税は更地の方が2から3倍高くなります。

3つ目は、売却の容易さについてです。
建物が残っていれば、土地の用途が限られてしまう可能性があります。
また、土地の状態を判別しにくいことも買い手が見つかりにくくなる原因として考えられます。

一方、更地の場合は、新居を建てたい方にとって全体の大きさをイメージしやすいことや、すぐに着工できることなどが利点となります。
また、更地の状態では、地中埋没物の確認、地盤調査、土壌調査などが容易であるため、買い手にとっても安心ですよね。
そのため、古家付きの土地よりも買い手が見つかりやすいと考えられます。

 

□まとめ

本記事では、更地にするのに必要な費用と、古家付きの土地と更地のそれぞれのメリットとデメリットについて解説しました。
今回紹介したことを参考に、更地にする方が良いのかどうかを慎重に判断してくださいね。
古家付きの土地を更地にして売却しようか迷われている方は、ぜひ当社にご相談ください。

投稿日:2022/02/24投稿者:-

「土地の生前贈与と相続を比較すると何が違うのか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
土地を持っている場合、どちらの方法を選択すれば良いのか迷いますよね。
そこで今回は、土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリット、どちらにするか選ぶポイントについてご紹介します。

 

□土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリットとは?

土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリットについてご紹介します。

 

*生前贈与のメリットについて

生前贈与のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、計画的に準備できることです。
土地のような分けにくい財産を保有している場合は特に、亡くなった後に分け方でトラブルが起きる可能性があります。
贈与者が生きているうちに計画的に財産の分け方を考えられる生前贈与では、このようなトラブルは防げるでしょう。

2つ目は、贈与者の意思を反映できることです。
遺言書をつくることで特定の人に財産を譲れますが、書き方が間違っていた場合、遺言書自体が無効になる可能性があります。
その場合、財産を譲りたいと考えていた人とは別の人に渡ってしまうことも考えられます。
そのため、生きているうちに渡したい人に渡しておくことが確実といえます。

 

*相続のメリットについて

相続のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、相続税が贈与税よりも安くなる場合があることです。
相続税の基礎控除は高く、課税対象額はかなり低くなるように設定されています。
相続する人が多いほど基礎控除は大きくなるため、非課税になる場合が多いのです。

2つ目は、遺言書があれば手続きが楽であることです。
遺言書は、弁護士事務所のような専門家に依頼して正確につくっておけば、無効になる心配もありません。
何をどう分けるかを細かく書いておくと良いでしょう。

 

□生前贈与と相続のどちらにするか選ぶポイントとは?

以下の2つのどちらの場合がより当てはまるかによって選ぶポイントは異なります。

1つ目は、相続税負担を軽減したい場合です。
土地にかかる相続税を安く抑えたいのであれば、贈与税と相続税を比較して決めることになります。
土地を相続して贈与税の課税対象にすることと、相続で渡して相続税の課税対象にすること、どちらが税金を安く抑えられるかを考えることがポイントです。

2つ目は、相続トラブルを回避したい場合です。
土地のような財産については、高額であるうえに、現金のように簡単に分けられないため、誰が相続するかを揉めることが少なくありません。
そのようなトラブルを回避するために、生前に土地を贈与する方が良いのか、遺言書で土地を相続する人を決める方が良いのかをしっかり考えてみましょう。

 

□まとめ

本記事では、土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリットと、どちらにするか選ぶポイントについて解説しました。
当初の疑問は解決されましたでしょうか。
今回紹介したポイントを参考に、納得のいく方法を選んでくださいね。
土地の生前贈与と相続について疑問のある方は、いつでも当社にご相談ください。

投稿日:2022/02/20投稿者:-

「住んでいない家を売却するのにかかる税金について知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
税金や使える特例についてはしっかり把握しておかないと、損をする可能性もあります。
そこで今回は、家を売却するのにかかる税金と、空き家の売却にかかる税金を安くする特例についてご紹介します。

 

□家を売却するのにかかる税金とは?

ここでは、家を売却するのにかかる税金を4つご紹介します。

1つ目は、印紙税です。
印紙税は、不動産売買契約書に印紙を貼るものとして必要です。
この額は、不動産売買契約書に記載されている契約金額によって異なります。

2つ目は、登録免許税です。
登録免許税は、不動産を売却する際の名義変更に必要です。

3つ目は、住民税・復興特別所得税です。
不動産を譲渡することで利益が出た場合、その利益を譲渡所得として住民税・所得税が課せられます。
平成23年から25年間については、東日本大震災の復興のための財源確保を目的に、復興特別所得税も課せられるようになりました。

4つ目は、譲渡所得税です。
不動産を譲渡することで利益が出た場合、この税金も課せられます。
3つ目に挙げた税金と合わせて、譲渡所得に対する税金は、給与所得や事業所得と分離して計算するため、分離所得と呼ばれます。

 

□空き家の売却にかかる税金を安くする特例とは?

ここでは、売却にかかる税金を安くする特例を2つご紹介します。

1つ目は、マイホームを売ったときの特例です。
住まなくなってから3年目の12月31日までに売却すれば、譲渡所得から最高3000万円の控除が受けられます。
所有期間の長さは関係ありません。

売却できた場合、大きく節税できることになります。
3000万円までの利益であれば、その譲渡所得に対して課税されることはありません。

2つ目は、空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例です。
この特例は、空き家になった実家を相続した場合に期間限定で利用できる税制優遇措置です。
親が住んでいた家を空き家にしていた場合、相続した年から一定の期間内に売却すれば、譲渡所得から3000万円を特別控除として差し引けます。

ただし、親が住んでいた家は、昭和51年5月31日までに建てられた一戸建てである場合に限ります。
また、一定の期間内とは、平成28年4月1日から令和5年12月31日までの期間を指します。

 

□まとめ

本記事では、家を売却するのにかかる税金と、空き家の売却にかかる税金を安くする特例について解説しました。
課せられる税金の種類はしっかり覚えておきましょう。
また、うまく特例を利用して税金を安く抑えてくださいね。
住んでいない家を売却するのにかかる税金に対して疑問があれば、ぜひ当社にご相談ください。

投稿日:2022/02/16投稿者:-

「マイホームを売却する際に使える特例を知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
自分の家を売ることで利益が生じると税金を納める必要がありますが、特例によって税額をかなり抑えられる可能性があります。
そこで今回は、譲渡所得とマイホームを売却したときに使える特例についてご紹介します。

 

□譲渡所得とは?

個人の所得には、給与所得の他にも、事業所得、譲渡所得、不動産所得、山林所得、利子所得、退職所得などがあります。
このうち、不動産を売却したことによって生じた所得が譲渡所得です。

譲渡所得は、譲渡価格、つまり売却価格から、取得費と譲渡費用を差し引くと算出できます。
取得費は、土地の場合は購入額、建物の場合は購入額から減価償却費を控除した金額になります。
減価償却とは、毎年建物の価値を落としていく会計上の手続きのことです。
譲渡費用は、売却に要した費用のことです。

自分の家を売ることによって利益が生じたとき、つまり譲渡所得がプラスになったときに税金が発生します。
逆に損失が生じたとき、つまり譲渡所得がマイナスになったときは税金が発生しません。
税金に関しては、所得税、住民税、復興特別所得税が課税されます。

 

□マイホームを売却したときに使える特例とは?

家を売って利益が生じた場合に納める必要のある譲渡所得税ですが、要件を満たせば、特別控除や特例が適用されて税金による負担を減らせます。
ここでは、家を売却したときに使える特別控除や特例を2つご紹介します。

1つ目は、3000万円特別控除です。
譲渡所得税の特別控除の中でも代表的な制度です。
適用条件を満たせば利益に対して最高3000万円の控除が受けられます。
所有期間の長さは関係ありません。

また、譲渡所得が3000万円を超えない場合は、3000万円特別控除が適用されると譲渡所得税が0円になります。

2つ目は、10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例です。
売った年の1月1日において、10年を超えて土地と建物を所有している場合に適用されます。
譲渡所得6000万円以下の部分について、14.21パーセントまで税率を下げられます。
マイホームを売りたい場合は、どの特例が使えるか事前に確認しておくことがおすすめです。

 

□まとめ

本記事では、譲渡所得とマイホームを売ったときに使える特例について解説しました。
当初の疑問は解決されましたでしょうか。
今回紹介したことを参考に、賢く自分の家を売却してくださいね。
マイホームを売却するときに使える特例について気になることがあれば、いつでも当社にご連絡ください。

投稿日:2022/02/12投稿者:-