遺留分と法定相続分とは?それぞれの違いについてもご紹介! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

遺留分と法定相続分とは?それぞれの違いについてもご紹介!

相続をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、割合です。
割合には、遺留分と法定相続分があります。
そこで今回は、遺留分と法定相続分、それぞれの違いについてご紹介します。
相続についてお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□遺留分と法定相続分とは

 

*遺留分とは

遺留分とは、兄弟や姉妹、甥姪以外の法定相続人に保障される、最低限の遺産の取得割合です。
高額な贈与が行なわれる場合、法定相続人でも、十分な遺産を受け取れないといったことが発生します。
そこで、遺留分の認められる相続人は、最低限の遺産を取り戻せます。
基本的に、遺留分は金銭で支払われるため、遺産そのものの取り戻しはできません。

さらに、他の相続人に遺留分を求める際は、複雑な計算や交渉が必要です。
また、支払いを拒否され、調停や訴訟を起こされることもありえます。
そのため、まずは弁護士に相談してみると良いでしょう。

 

*法定相続分とは

法定相続分とは、法定相続人に保障される、遺産の相続割合です。
具体的な割合は、民法で定められています。
それにより、配偶者や子ども、親、兄弟や姉妹などの法定相続人には、それぞれ法定相続分が認められます。

人が亡くなり、遺産相続が発生した際、遺言書に相続方法が書かれていなかった場合は、すべての法定相続人が参加して、遺産分割協議を行う必要があります。
この場合、法定相続分に応じて、遺産相続方法を決めることが基本的な手順です。

 

□遺留分と法定相続分の違い

法定相続人は、民法によって次のように決められています。
まず、配偶者は、常に相続人です。

また、血縁関係のある相続人には、順位が定められています。
1番目の相続人は、子どもです。
子どもが亡くなっている場合は、その子ども、つまり被相続人の孫が相続人となります。
このように、代襲相続や再代襲相続が続きます。

2番目の相続人は、直系尊属です。
被相続人に子どもがいない場合は、父母や祖父母が相続人になります。
直系尊属も代襲相続や再代襲相続が続きます。

3番目の相続人は、兄弟や姉妹です。
被相続人に子どもや直系尊属もいない場合は、兄弟や姉妹が相続人になります。

しかし、兄弟や姉妹には、1回しか代襲相続が認められていません。
そのため、被相続人の甥や姪が亡くなっている場合は、その子どもの再代襲相続ができません。

 

□まとめ

今回は、遺留分と法定相続分、それぞれの違いについてご紹介しました。
遺留分とは、遺産のうち一定の相続人に保証されている割合で、法定相続分とは、民法で定められた遺産を相続する割合のことです。
相続についてお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

投稿日:2022/08/05   投稿者:-