相続税における節税対策とは?失敗しない税理士の選び方もご紹介! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

相続税における節税対策とは?失敗しない税理士の選び方もご紹介!

相続をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、相続税の節税対策です。
節税対策には、いくつかの方法があります。
そこで今回は、相続税の節税対策の方法と相続税における税理士を選ぶ際のポイントについてご紹介します。
相続についてお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□相続税の節税対策の方法

1つ目は、生前贈与をすることです。
生前贈与とは、相続が発生する前に、財産を子どもや孫に贈与することで、相続税の課税対象額を減らすということです。
相続税は、遺された財産の評価額をもとに計算されるため、財産が少ないと相続税も少なくなります。

贈与にも贈与税がかかりますが、1年間に110万円までであれば非課税になります。
そのため、毎年、生前贈与をすることで、将来の相続税の負担を減らしながら財産を譲れます。

2つ目は、財産評価を下げることです。
財産評価を下げるとは、相続税の制度にある特例を上手く使うということです。
つまり、特例を使うと、財産の評価額が下がり、課税対象額を減らせます。

例えば、小規模宅地等の特例を使えば、土地の評価額を最大で80パーセント減らせます。
また、不動産は現金よりも7?8割ほど低く評価されるため、土地や建物で遺すという方法もあります。

 

□相続税における税理士を選ぶ際のポイント

1つ目は、相続税の知識が豊富であることです。
現金預貯金や有価証券以外の相続財産の評価は複雑です。
特に、不動産は同じ形の土地はなく、利用方法もさまざまであるため、評価が簡単ではありません。
そのため、税理士によって評価額が大幅に変わってしまいます。

2つ目は、二次相続も考慮してくれることです。
配偶者には、相続税の優遇制度があります。
そこで、配偶者が相続する財産が1億6000万円以下であれば、非課税となります。

しかし、相続税を減らすために、より多くの遺産を配偶者に相続すると、配偶者が亡くなったときの二次相続の相続税が高くなってしまいます。
そのため、一次相続の相続税だけではなく、二次相続の相続税についても遺産の分け方や対策の方法を考慮することをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、相続税の節税対策の方法と相続税における税理士を選ぶ際のポイントについてご紹介しました。
相続税は、生前贈与や財産評価を下げることで課税対象額を減らせます。
また、相続税に詳しい税理士を選ぶことで、適切な節税対策ができます。
相続についてお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

投稿日:2022/07/28   投稿者:-