相続した遺産を共有名義にした際のトラブルの対処法をご紹介! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

相続した遺産を共有名義にした際のトラブルの対処法をご紹介!

相続した遺産を共有名義にしたが、相続のトラブルになって悩んでいるというケースが少なくありません。
そこで今回は、共有名義のトラブル対処法についてご紹介します。
また、共有名義の不動産が相続トラブルにつながる理由もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□共有名義の不動産が相続トラブルにつながる理由をご紹介!

ここからは、共有名義の不動産が相続トラブルにつながる理由を2つご紹介します。
1つ目が、相続人の意見が合わず売却や賃貸が困難になるトラブルです。
共有名義の場合には、共有者のうちの一人が単独で物を売却することは不可能です。
また、共有不動産を賃貸しようにも、単独では賃貸借契約を締結できない場合もあります。

よって、相続により不動産が共有となった場合には、共有者間の意見が分裂すると売却や賃貸が困難となり、不動産が活用されないまま放置される事態を招く可能性があります。

2つ目が、共有者と連絡が取れなくなるトラブルです。
不動産の共有者は親族であることが一般的でしょう。
ただし、昨今では親族付き合いが希薄化し、故郷から遠い場所で生活する家族も増えてきています。
遠方に住む共有者と連絡が取れないとなると、不動産を売却したいとなった際に共有者を探し出し、連絡を取るなどの時間や手間がかかります。

 

□共有名義のトラブル対処法をご紹介!

ここからは、共有名義のトラブル対処法について3つご紹介します。
1つ目が、持分のみを第三者に売却する方法です。
持分は、共有者全員の承認を得られれば売却できます。
売却相手が不動産業者などであれば、持分のみを売却した後に整理も任せられます。

2つ目が、共有名義のすべてを売却する方法です。
共有者全員の承認を得たのちに、第三者に売却します。
売却で生じた利益は、持分に応じて分配することになるでしょう。

3つ目が、他の共有者に買い取ってもらう方法です。
持分を他の共有者に買い取ってもらうと、名義を買い取った人の単独名義にできます。
また、自分が不動産全体の所有権を得たい場合は、他の共有者から持分を購入するのも良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、相続した遺産を共有名義にしたがトラブルになって悩んでいるという方に向けて、共有名義の不動産が相続トラブルにつながる理由についてご紹介しました。
また、共有名義のトラブル対処法についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2022/07/06   投稿者:-