相続放棄をしたら家はどうなる?そのあとのプロセスについても解説! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

相続放棄をしたら家はどうなる?そのあとのプロセスについても解説!

「相続を放棄してしまったら家はどうなるんだろう」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
今回はそのような方に向けて、相続放棄をした後に家がどのように引き継がれるのかについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□相続を放棄すると家はどうなるのか

相続を放棄すると、相続を放棄した人は何も相続することができません。
相続放棄をするとすべての財産の継承を拒否することとなります。
他の人が代わりに相続の承認を行えば、その人が相続人となります。
たとえば、親の相続の際に放棄をして兄弟姉妹が承認をすると、その兄弟姉妹が相続人となります。

もし相続を放棄した場合であっても、管理義務を負う必要があります。
新たに相続人となった人が管理を開始するまでは、その財産の管理をし続ける義務があります。
相続放棄をしたとしても管理を怠ると、財産が滅失されて損害を与えるリスクがあります。

たとえば、空き家の倒壊などにより誰かに被害を加える可能性があります。
また、近隣から苦情を受けることもあるかもしれません。
ずさんな管理により財産が滅失した場合には、賠償請求をされることもあります。

 

□相続を放棄すると家がどのように引き継がれていくのか

どのような段階を経て引継ぎがされるのか、解説します。

1つ目は、3か月以内に相続放棄のための手続きを行います。
無くなられたことを知った日から3か月以内であれば、相続放棄ができます。
それに加えて、相続人となる全員が裁判所への申し立てを完了させる必要があります。
実家を相続する場合には、すべての財産が相続できなくなるためそれを理解したうえで行いましょう。

2つ目は、財産管理人を選任します。
相続人の代表となる方が、相続財産管理人の選任申立てをします。
一般的に、地域の弁護士の方が選任される場合が多いです。
選任後は不動産を売却できるかどうかなど様々な対応をしてくれます。

3つ目は、財産は国のものとなります。
不動産を売却しようとしても、買い手が見つからないことから手元に残る場合もあります。
このような場合は、国が最終的に受け入れをします。
以前は国から受け取り拒否をされる場合もありましたが、平成29年6月より国が受け取る方針となりました。

 

□まとめ

今回は、相続放棄をすると家はどうなるのかについて解説しました。
また、相続放棄をした後に家がどのように引き継がれるのかについてもお分かりいただけたかと思います。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。

投稿日:2022/05/20   投稿者:-