リースバックとは?メリットとデメリットについて解説します! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

リースバックとは?メリットとデメリットについて解説します!

「リースバックのメリットとデメリットについて知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、そもそもリースバックとは何かについてと、リースバックのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

□リースバックとは?

ここではリースバックとはどういう仕組みのものなのかについて、詳しく解説します。
リースバックとは自宅を売却した後に、家賃を支払って住み続ける仕組みです。

リースバックでは、まず不動産会社などに住んでいる住宅を売却し、その売却代金を受け取ります。
住宅ローンが残っていれば、この代金で住宅ローンを完済します。
その後、その住宅について不動産会社と賃貸借契約を交わして、毎月の家賃を支払って住み続けることになります。

一般的には2から3年の定期借家契約を結ぶことが多いです。
この契約では、決められた期間が過ぎれば、原則として契約の更新はされません。
つまり、2、3年後には退去しなければならないことがあるのです。

リースバックでの住宅の売却価格は、相場の70から80パーセント程度で、1カ月当たりの家賃は買取価格の7から13パーセント程度です。

 

□リースバックのメリット・デメリット

ここではリースバックにどのようなメリット・デメリットがあるのかを解説します。

 

*リースバックのメリット

リースバックのメリットは3つあります。

1つ目は、売却後も住めることです。
住宅を売却する際の大きな悩みのタネが引っ越しです。
リースバックであれば、売却した後も住み慣れた住宅で暮らせるので、安心できます。

2つ目は、固定資産税の支払いがいらないことです。
リースバックで売却すれば、賃貸物件に住むことと同じになるため、固定資産税を払う必要がありません。

3つ目は、まとまったお金が手に入ることです。
リースバックで住宅を売却すると、まとまったお金が手に入ります。
事業資金や老後のための資金などを用意したいときに、リースバックは有効といえますね。

 

*リースバックのデメリット

リースバックのデメリットは2つあります。

1つ目は、毎月の家賃が発生してしまうことです。
売却価格が高いと、その分家賃が高くなってしまうので、月々の家賃が想像以上になってしまうケースがあります。

2つ目は、所有者がリースバック業者などになることです。
リースバックでは住宅を売却するので、自分の資産でなくなります。
そのため、子供への相続はできません。

 

□まとめ

今回はリースバックの概要とリースバックのメリット・デメリットを解説しました。
今回の記事を参考にリースバックについてご検討ください。

投稿日:2022/04/24   投稿者:-