不動産の更地渡しとは?行う際の注意点についても解説します! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

不動産の更地渡しとは?行う際の注意点についても解説します!

「更地渡しとは何かについて知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産の売却を検討中であれば、聞いたことがある方も少なくないでしょう。
そこで今回は、更地渡しの概要と更地渡しを行う際の注意点についてご紹介します。

 

□更地渡しとは?

ここでは不動産の更地渡しとは何かについて解説します。
不動産の更地渡しとは、一般的には、建物を売り主負担で取り壊し、その土地を更地の状態で買い主に引き渡すことです。

しかし、更地渡しには明確な定義はありません。
そのため、売り主と買い主の間で認識が違ってしまうと、後からトラブルが引き起ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

また、更地渡しに対して現状渡しというものもあります。
これは、売り主が解体を行わずに、現在の状態のまま物件を引き渡すことです。
現状渡しでは、買い主が住居を必要としない場合は、買い主が自己負担で取り壊しを行う必要があります。

 

□更地渡しの注意点とは?

ここでは、更地渡しを行う際の5つの注意点についてご紹介します。

1つ目は、契約内容の確認をしっかりと行うことです。
更地渡しを行う際には、一般的に契約内容が追加されるケースが多いです。
売買契約書には「売主の責任と負担のもとで解体すること」「解体する建物の抹消登記に関する取り決め」「土地の瑕疵担保責任」の3点が追加されるため、しっかりと確認しておきましょう。

2つ目は、ローン特約の解除期限を決めることです。
ローン特約の解除期限を設定しておかないと、後からトラブルになるケースがあるので、注意が必要です。

3つ目は、着工は買い手の融資を確認してから行うことです。
更地渡しを行う際には、買い主側が金融機関の融資の承認を得たことを確認してから、取り壊しを行うと安心できます。
解体工事を先に行ってしまうと、契約が成立しなかった際に、損失が生まれてしまうので注意しましょう。

4つ目は、事前に挨拶を行っておくことです。
取り壊しの工事には、騒音や振動が伴います。
そのため、苦情が来ないように事前に近隣住民に対して挨拶を済ませておくと良いです。

5つ目は、引き渡しの日にちを計画的に定めておくことです。
解体工事が遅れて、引き渡し日に間に合わないと、法的トラブルになる可能性があるので、計画的に引き渡しの日にちを設定しましょう。

 

□まとめ

今回は更地渡しとは何かと更地渡しを行う際の注意点についてご紹介しました。
更地渡しを行う際には、計画的に進めることが大切です。
更地渡しをご検討されている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

投稿日:2022/04/12   投稿者:-