地価公示とは?地価公示価格を参考にするときの注意点もご紹介! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

地価公示とは?地価公示価格を参考にするときの注意点もご紹介!

「地価公示とは何か知っておきたい」
「地価公示価格を基準に考えたいが、注意点はあるのかな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
所有する不動産がいくらで売れるのか気になりますよね。

そこで今回は、地価公示はどういうものかと、それによって発表された価格を参考にするときの注意点についてご紹介します。

 

□地価公示とは?

ここでは、地価公示についてご紹介します。

地価公示は、適正な地価形成に寄与することを目的に、国土交通省土地鑑定委員会が地価公示法に基づき、毎年1月1日時点の標準地の正常な価格を3月に公示するものです。

この価格の役割としては、不動産鑑定、公共事業用地の取引価格算定、国土利用計画法による土地の価格審査の規準になることが挙げられます。
さらに、土地の相続評価、固定資産税評価についての基準にもなります。

 

□地価公示価格を参考にするときの注意点とは?

ここでは、公示された価格を指標として考えるときに気をつけておきたいことについてご紹介します。

1つ目は、価値を知りたい土地から近い標準地であっても参考にできない場合があることです。
日本では、一団の土地ごとに用途が決められています。
調べたい土地と標準地との距離が近かったとしても、それぞれの用途が異なると参考になりません。
住宅街の場合は、住環境だけでなく、駅の近さや街路条件も似ていなければならないのです。

2つ目は、価値を知りたい土地と標準地それぞれにおいて、形状や接道を確認する必要があることです。
公示された価格をもとに自分が所有している土地の価格を求めるには、形状、接道といった点から補正する必要があります。
プラス評価となるのは、接道の幅が広いことや、角地のように2本以上の道路に接していることなどです。
逆にマイナス評価となるのは、家が建たない地形であることや、高低差がある地形であることなどです。

3つ目は、時間的な補正が必要であることです。
先程も述べたように、地価公示価格は1年ごとに発表されるため、発表された時点から変動がある場合は、それを評価に反映させる必要があります。
近年の新型コロナウイルスの感染拡大のように、社会や経済の状況が大きく変わった場合、通常、地価公示の反映は翌年になるため注意が必要です。

 

□まとめ

本記事では、地価公示とは何かと、それによって発表された価格を参考にするときの注意点について解説しました。
当初の疑問は解決されましたでしょうか。
今回紹介したことを参考に、自分が所有する土地がいくらで売れるのかしっかり把握してくださいね。
土地の売却をお考えの方は、いつでも当社にご相談ください。

投稿日:2022/04/01   投稿者:-