仙台市の固定資産税の平均はいくら?安く抑えるポイントもご紹介! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

仙台市の固定資産税の平均はいくら?安く抑えるポイントもご紹介!

「仙台市の固定資産税の平均がいくらなのか気になる」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
固定資産を所有している場合、毎年納める固定資産税については詳しく知っておきたいですよね。
そこで今回は、仙台市の固定資産税の平均や固定資産評価額と、固定資産税を安く抑えるポイントについてご紹介します。

 

□仙台市の固定資産税の平均や固定資産評価額について

ここでは、仙台市の固定資産税の平均や固定資産税評価額についてご紹介します。

2021年の仙台市の固定資産税評価額は、坪単価23.7万円です。
つまり、1平方メートルあたり7.2万円となります。
前年に比べ、2.7パーセント上昇しました。
この値は、仙台市内の296地点の地価データに基づいて算出されたものであり、標準的な土地の値段、評価額がいくらになるかを示しています。

また、2021年の仙台市の土地の固定資産税の平均値は、1坪あたり3314円です。
つまり、1平方メートルあたり1002円となります。
この値は、一般的な自治体の税率である1.4パーセントを固定資産税評価額に乗じて算出しています。

ただし、住宅用地において、条件次第で固定資産税の減免や軽減措置を考慮しなければならない場合もあるため、注意が必要です。

 

□固定資産税を安く抑えるポイントについて

ここでは、固定資産税を安く抑えるポイントについてご紹介します。

1つ目は、家屋調査の際の不明点は調査員に確認することです。
固定資産税の額は固定資産税評価額によって大きく変動します。
家屋調査ではこの固定資産税評価額が決まります。
そのため、曖昧な箇所を残さないためにも少しでもわからないことがあれば、調査員に必ず質問するようにしましょう。

2つ目は、固定資産税を軽減する特例を利用することです。
利用できる特例として、住宅用地の特例や新築住宅の特例などが挙げられます。
特に、新築住宅の特例では設計段階で工夫できる点が多くあります。

例えば、特定の設備があれば長期優良住宅に認定される場合があります。
認定されれば、固定資産税の減税期間が2年延長されるため、節約できます。

以上のように、安く抑えるポイントはいくつか存在します。
しかし、ここで注意したいのは、使わない家も課税対象になることです。
今後使わない家である場合は、思い切って売却してしまえば固定資産税を支払う必要もなくなるためおすすめです。

 

□まとめ

本記事では、仙台市の固定資産税の平均や固定資産評価額と、固定資産税を安く抑えるポイントについて解説しました。
固定資産税にかかる額を知り、高いと感じた方も多いでしょう。
課税対象となる使わない家については、売却することがおすすめです。
仙台市で不動産の売却をご検討の方は、ぜひ当社にご相談ください。

投稿日:2022/03/20   投稿者:-