実勢価格とは?不動産売買に興味のある方必見! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

実勢価格とは?不動産売買に興味のある方必見!

「実勢価格とは何か知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売りたい場合、いくらで売り出せば良いか迷いますよね。
その際、実勢価格という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、実勢価格がどういったものかと、公示価格とはどのような関係にあるのかについてご紹介します。

 

□不動産の実勢価格とは?

ここでは、実勢価格についてご紹介します。

実際に実勢価格で取引が行われるため、これは土地の時価とも呼ばれます。

取引が行われた土地では、実際に売買されるときの価格が実勢価格となります。
一方、取引がない場合は、その他の価格を参考に算出することになります。
ここでいうその他の価格とは、公示価格、相続税路線価、固定資産税評価額のことを指します。

公示価格とは、毎年、国や都道府県が公表する土地の価格のことを指します。
また、相続税路線価は相続税を算出するときの基準になる価格、固定資産税評価額は固定資産税を算出するときの基準になる価格です。

売却または売却検討の際は、実勢価格を参考にすることが多いです。
なぜなら、実際の取引事例とも言えるからです。

 

□公示価格とどのような関係にあるのかについて

実勢価格を確認できない場合、先程挙げたようなその他の価格を調べた上で、計算しなければいけません。
ここでは、その他の価格の中でも公示価格との関係についてご紹介します。

1つ目は、価格の目安についてです。
公示価格を1.1倍から1.2倍することによって、おおまかに実勢価格を確認できるといわれています。
つまり、実勢価格は、公示価格に土地の面積をかけて、さらに1.1倍または1.2倍した値となります。
しかし、この数字はあくまで目安であり、例外も多く存在するため注意してください。

2つ目は、評価時点についてです。
公示価格は毎年1回、1月1日に発表され、実勢価格は売り手と買い手の希望価格が一致する度に決められます。
そのため、公示価格が発表されてから、新しい駅がつくられたり大きな事件が発生したりなどの出来事があると、実勢価格が上がったり下がったりする可能性もあります。

3つ目は、土地ごとの諸条件についてです。
公示価格は、標準地の条件によって決まります。
これに対し、実勢価格は実際に売り出す土地の条件によって決まります。

土地は土地ごとに特徴があるため、完全一致することはありません。
そのため、売り出しの際に公示価格を基準としていても、その額で取引が終了するのかどうかはわかりません。

 

□まとめ

本記事では、不動産の実勢価格とは何かと公示価格との関係について解説しました。
当初の疑問は解決されましたか。
今回紹介したことを参考に、これらの価格についてしっかり理解した上で、うまく活用していってくださいね。
不動産の売買に興味のある方は、いつでも当社にご相談ください。

投稿日:2022/03/16   投稿者:-