兄弟で争うことなく相続した土地を売却する方法について解説します! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

兄弟で争うことなく相続した土地を売却する方法について解説します!

「兄弟で争うことなく売却できるように土地を相続したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
共有分割は公平感があると思われがちですが、後から揉める可能性があります。
そこで今回は、兄弟で土地を相続する際に共有分割はおすすめしない理由と売却しやすいように相続する方法をご紹介します。

 

□共有分割をおすすめしない理由とは?

共有分割とは、相続した土地を兄弟で共有し、土地の名義を共有名義とする方法のことです。
兄弟で相続する際に、共有分割を選択しない方が良い理由は主に3つあります。

1つ目は、個人の意思だけで売れないことです。
共有者のうちの1人が土地を売りたくなった場合、過半数または全員からの許可を得る必要が出てきます。

2つ目は、個別に固定資産税を払えないことです。
共有分割の場合、代表者が他の兄弟から集めて支払う必要があります。
お金を集めることに苦労することが多くなり、トラブルが発生しやすくなります。

3つ目は、相続で共有者がさらに増えていくことです。
例えば、最初は共有者が兄と弟の2人だけであったとしても、二次相続で両者の子供が引継ぎ、三次相続でその子供のさらに子供たちが引き継ぐというように、共有者が増えていきます。
共有者が多ければ多いほど、土地の売ることについての同意を得ることが難しくなります。

 

□売却しやすいように土地を相続する方法とは?

ここでは、後々売却しやすいように、共有分割を避けながら土地を相続する方法を3つご紹介します。

1つ目は、遺産全体で分割することにより土地を単独名義にすることです。
土地のような特定の財産だけではなく、遺産全体に着目します。
証券や現金などの財産もあれば、それらも含めて公平に分けられないか検討しましょう。

2つ目は、土地を分筆して相続することです。
分筆とは、1つの土地を2つ以上の土地に分けることです。
この場合、兄弟それぞれの単独名義のものになります。
単独名義の土地であれば、売却したり維持のために管理したりするのも個人の自由になります。

3つ目は、土地とその他の遺産の差額を現金で清算することです。
1つ目の方法のように、遺産全体に着目しても、うまく公平に分けられない場合が存在します。
土地とそれ以外の遺産の差額を現金で調整するのも1つの方法です。

 

□まとめ

本記事では、兄弟で土地を相続する際に共有分割はおすすめしない理由と売却しやすいように相続する方法について解説しました。
今回紹介した方法を参考に、共有分割を避けながら、売りやすくしておきましょう。
兄弟で相続した土地の売却について気になることがあれば、ぜひ当社にご連絡ください。

投稿日:2022/02/28   投稿者:-