土地の生前贈与と相続の違いとは?それぞれのメリットを比較しながら解説します! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

土地の生前贈与と相続の違いとは?それぞれのメリットを比較しながら解説します!

「土地の生前贈与と相続を比較すると何が違うのか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
土地を持っている場合、どちらの方法を選択すれば良いのか迷いますよね。
そこで今回は、土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリット、どちらにするか選ぶポイントについてご紹介します。

 

□土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリットとは?

土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリットについてご紹介します。

 

*生前贈与のメリットについて

生前贈与のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、計画的に準備できることです。
土地のような分けにくい財産を保有している場合は特に、亡くなった後に分け方でトラブルが起きる可能性があります。
贈与者が生きているうちに計画的に財産の分け方を考えられる生前贈与では、このようなトラブルは防げるでしょう。

2つ目は、贈与者の意思を反映できることです。
遺言書をつくることで特定の人に財産を譲れますが、書き方が間違っていた場合、遺言書自体が無効になる可能性があります。
その場合、財産を譲りたいと考えていた人とは別の人に渡ってしまうことも考えられます。
そのため、生きているうちに渡したい人に渡しておくことが確実といえます。

 

*相続のメリットについて

相続のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、相続税が贈与税よりも安くなる場合があることです。
相続税の基礎控除は高く、課税対象額はかなり低くなるように設定されています。
相続する人が多いほど基礎控除は大きくなるため、非課税になる場合が多いのです。

2つ目は、遺言書があれば手続きが楽であることです。
遺言書は、弁護士事務所のような専門家に依頼して正確につくっておけば、無効になる心配もありません。
何をどう分けるかを細かく書いておくと良いでしょう。

 

□生前贈与と相続のどちらにするか選ぶポイントとは?

以下の2つのどちらの場合がより当てはまるかによって選ぶポイントは異なります。

1つ目は、相続税負担を軽減したい場合です。
土地にかかる相続税を安く抑えたいのであれば、贈与税と相続税を比較して決めることになります。
土地を相続して贈与税の課税対象にすることと、相続で渡して相続税の課税対象にすること、どちらが税金を安く抑えられるかを考えることがポイントです。

2つ目は、相続トラブルを回避したい場合です。
土地のような財産については、高額であるうえに、現金のように簡単に分けられないため、誰が相続するかを揉めることが少なくありません。
そのようなトラブルを回避するために、生前に土地を贈与する方が良いのか、遺言書で土地を相続する人を決める方が良いのかをしっかり考えてみましょう。

 

□まとめ

本記事では、土地の生前贈与と相続のそれぞれのメリットと、どちらにするか選ぶポイントについて解説しました。
当初の疑問は解決されましたでしょうか。
今回紹介したポイントを参考に、納得のいく方法を選んでくださいね。
土地の生前贈与と相続について疑問のある方は、いつでも当社にご相談ください。

投稿日:2022/02/20   投稿者:-