住宅ローンが残っている家の売却方法をご紹介します! | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

住宅ローンが残っている家の売却方法をご紹介します!

「ローン返済中でも家を売却できるのだろうか」
「まず何から始めれば良いのか分からない」
このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、住宅ローンが残っている家の売却方法とやるべきことをご紹介します。

 

□住宅ローン返済中の家を売却するなら現状を把握しましょう!

結論から言いますと、住宅ローンの返済中でも家を売却できます。
しかし、買い手に家を引き渡すまでには完済している必要があります。
住宅ローンを使って購入した物件には抵当権が付与されています。
これは住宅ローンを借りた人がお金の返済に滞った場合に物件を競売にかけてお金を回収するための権利です。

そして、家を売却するならこの抵当権を抹消した状態で売却しなければなりません。
抵当権をそのまま放置していると、売主がローンを滞納したときにその家が差し押さえられ、買い手が住まいを失ってしまう可能性があるからです。

そのため、ローン返済中の家を売却するなら、まずは現状を把握することが大切です。
具体的には「ローンがあとどれくらい残っているのか」ということです。
金融機関から送られてくる返済予定表や残高証明書、ウェブサイトを確認してローンの残高を把握しましょう。

 

□住宅ローン返済中の家を売却する際にやるべきことをご紹介!

ローン返済中の家を売却する場合、まずはローンの残高と売却額の関係を調べましょう。
ローン残債が売却額を下回っている状態をアンダーローン、ローン残債が売却額を上回っている状態をオーバーローンと言います。
アンダーローンの場合は売却額でローンを完済できますので、特に問題はありません。

しかし、オーバーローンの場合は売却額の全てをローン返済にあてても完済できません。
この場合は貯金を切り崩したり、住み替えローンを利用したりして完済する必要があります。

先ほども申し上げたように、ローンの残高は金融機関から送られてくる資料で簡単にわかります。
ローンの残債を把握できたら、次は売却額をリサーチしましょう。
正確な売却額は買い手と売り手の交渉によって決まりますので明確な売却額は分かりませんが、査定によってある程度は把握できます。
そのため、信頼できる不動産会社に査定を依頼しましょう。

 

□まとめ

この記事では、住宅ローンが残っている家の売却方法とやるべきことをご紹介しました。
ローン返済中の家を売却するなら現状の把握が必須です。
また、ローン残債と売却額の関係もしっかり認識しておきましょう。
不動産売却でお悩みの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

投稿日:2022/02/09   投稿者:-