日記一覧 | 仙台市周辺の不動産をお探しなら不動産のホットハウスにお任せ下さい。

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

日記

DIARY

「空き家の水道はとめてもいいのかな」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
今回はそのような方に向けて、空き家の水道を止めるとどうなるのかについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□空き家の水道を止めるとどうなるのか

空き家だと、光熱費を払うのがもったいないからライフラインを止めようかお考えの方もいらっしゃると思います。
しかし、ライフラインを止めてしまうことで問題が起こる可能性があります。

まず水道についてです。
水道を止めてしまうと水が水道管にたまらないため、冬場は凍結したり赤さびが発生したりします。
また、地震の際に破裂してしまう可能性もあります。

掃除の際に水が使えないと不便です。
また水が通らない水道管には、異臭や害虫が発生してしまうリスクもあります。

次に電気についてです。
浄化槽のポンプは動いていないと、悪臭を出すうえに害虫を増やす可能性があります。
また、通電しておかないと凍結防止のヒーターが作動しないため、冬に給湯器が破損してしまうこともあります。

最後にガスについてです。
ガスがなければ、料理をしたりお湯を沸かしたりできません。
しかし、空き家で料理をすることはあまりないため問題はありませんね。
また、ガス漏れの心配はなくなるので、唯一止めても問題の無いライフラインです。

光熱費削減のためにライフラインを止めると、空き家を管理するために不便です。
また、問題が発生するリスクもあるため、ライフラインのコストは惜しまない方がよいでしょう。

 

□空き家の通水方法について

空き家で水を通すためには、水道を使えるようにしましょう。
契約が切れてしまっているのであれば、水道の使用開始のための手続きをしましょう。
通水は1カ月に1回以上するとよいでしょう。

家の中にあるすべての水道の蛇口をひねり、水が出るのを確認してから1分以上は出しておきます。
これにより、錆や汚れが洗い流されて水で排水トラップを満たします。
この時に、水漏れをしていないかも確認しておくとよいでしょう。

蛇口などに不具合がある場合には、部品の交換をします。
給湯器の水抜きも忘れずに行い、水道管が凍結して破損するのを防ぎましょう。

 

□まとめ

今回は、空き家の水道を止めるとどうなるのかについて解説しました。
また、空き家の通水方法についてもお分かりいただけたかと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。

投稿日:2022/05/24投稿者:-

「相続を放棄してしまったら家はどうなるんだろう」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
今回はそのような方に向けて、相続放棄をした後に家がどのように引き継がれるのかについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□相続を放棄すると家はどうなるのか

相続を放棄すると、相続を放棄した人は何も相続することができません。
相続放棄をするとすべての財産の継承を拒否することとなります。
他の人が代わりに相続の承認を行えば、その人が相続人となります。
たとえば、親の相続の際に放棄をして兄弟姉妹が承認をすると、その兄弟姉妹が相続人となります。

もし相続を放棄した場合であっても、管理義務を負う必要があります。
新たに相続人となった人が管理を開始するまでは、その財産の管理をし続ける義務があります。
相続放棄をしたとしても管理を怠ると、財産が滅失されて損害を与えるリスクがあります。

たとえば、空き家の倒壊などにより誰かに被害を加える可能性があります。
また、近隣から苦情を受けることもあるかもしれません。
ずさんな管理により財産が滅失した場合には、賠償請求をされることもあります。

 

□相続を放棄すると家がどのように引き継がれていくのか

どのような段階を経て引継ぎがされるのか、解説します。

1つ目は、3か月以内に相続放棄のための手続きを行います。
無くなられたことを知った日から3か月以内であれば、相続放棄ができます。
それに加えて、相続人となる全員が裁判所への申し立てを完了させる必要があります。
実家を相続する場合には、すべての財産が相続できなくなるためそれを理解したうえで行いましょう。

2つ目は、財産管理人を選任します。
相続人の代表となる方が、相続財産管理人の選任申立てをします。
一般的に、地域の弁護士の方が選任される場合が多いです。
選任後は不動産を売却できるかどうかなど様々な対応をしてくれます。

3つ目は、財産は国のものとなります。
不動産を売却しようとしても、買い手が見つからないことから手元に残る場合もあります。
このような場合は、国が最終的に受け入れをします。
以前は国から受け取り拒否をされる場合もありましたが、平成29年6月より国が受け取る方針となりました。

 

□まとめ

今回は、相続放棄をすると家はどうなるのかについて解説しました。
また、相続放棄をした後に家がどのように引き継がれるのかについてもお分かりいただけたかと思います。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。

投稿日:2022/05/20投稿者:-

「空き家の固定資産税は6倍になるのだろうか」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
今回はそのような方に向けて、空き家の固定資産税について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□空き家の固定資産税が6倍にもならない理由について

空き家は長く放置してしまうと、指導を受けることがあります。
また、その指導を無視すれば勧告を受けて住宅用地の特例を適用できなくなります。
この特例は、固定資産税が更地にかかる固定資産の6分の1に減税されるものです。

勧告を受ければ適用を受けられないため、固定資産税は減税されません。
このことにより、空き家の固定資産税は6倍になるといわれています。

しかし、固定資産税には負担調整措置があります。
そのため、急激に税額が上がることはありません。
適用から外れた場合であっても、年々徐々に税額が上がっていきます。

また、固定資産税が上昇するのは土地分のみです。
空き家であっても建物に対する固定資産税は、同額か新築時の20パーセントまで下がります。
家屋の劣化により、建物として利用できないという場合には家屋の固定資産税は発生しません。

 

□空き家を保持するリスクについて

1つ目は、建物が劣化するリスクです。
建物は、人が利用しないと換気の頻度が下がります。
それにより、劣化が早く進んでしまいます。
劣化を防ぐために、定期的に空き家の換気を行いましょう。

2つ目は、防犯面のリスクです。
空き家を放置しておくと劣化するうえに、手入れのされていない庭の様子から人が済んでいないことがすぐにわかります。
空き家にはゴミが捨てられて、周辺の環境までも悪くなってしまいます。
また、不法侵入や不法投棄、放火などの犯罪のリスクもあります。

3つ目は、景観が悪化するリスクです。
管理のされていない空き家があると、自分が所有する土地だけでなく周りの景観にも悪影響を及ぼします。
それにより、建物だけでなく土地自体の価値も下がってしまいます。

4つ目は、損害賠償のリスクです。
空き家の劣化が進むと、家屋が倒れて誰かに被害を与えてしまう可能性があります。
そのような場合には、損害賠償責任を負わなければならないこともあります。

 

□まとめ

今回は、空き家の固定資産税について解説しました。
また、空き家を保持するリスクについてもお分かりいただけたかと思います。
空き家を所有されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。

投稿日:2022/05/16投稿者:-

「空き家の特措法とはどのようなものだろう」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
今回はそのような方に向けて、空き家対策特別措置法について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□空き家対策特別措置法とはなにか

空き家とは、年間を通して人が出入りをしていない家です。
またライフラインの状況により、建物が使用されていないと判断されます。
空き家対策特別措置法は2015年2月に施行された法律です。
それまでは、空き家に対する法的効力がなく、最終判断は所有者に委ねられていました。

空き家対策特別措置法では、適切に管理がされていない空き家の調査をします。
そして問題があると判断された場合に特定空き家に指定します。
以前は空き家であっても許可を得なければ、敷地に入ることはできませんでした。
この空き家対策特別措置法により、自治体の職員が敷地内へ入って調査できるようになりました。

特定空き家に指定される空き家は以下のとおりです。
・倒壊の危険性がある
・衛生上有害となる可能性がある
・景観を損なっている

特定空き家に指定されると勧告だけでなく、命令として指導が行われます。
また、場合によっては行政代執行が行われることもあります。

 

□特定空き家に指定されるのを避けるためには

1つ目は、適切な空き家の管理を行いましょう。
空き家をこれからも利用するのであれば、定期的に空き家へ行って掃除をするなどして清潔な状態にしておきましょう。
また、頻繁にいけないという場合には清掃サービスなどを利用するのもおすすめです。
サービスの内容には、点検以外にも草木の手入れなどもあり空き家にあったものを受けられます。

2つ目は、売却しましょう。
空き家を今後利用する予定がない場合には、売却するのも1つの方法です。
中古物件として売却するか、解体してから土地を売却する2通りがあります。

この両方に空き家譲渡所得の3000万円控除が受けられます。
売却によって得た利益には所得税が発生しますが、この控除によって3000万円までは税金がかかりません。
ただし、相続日から3年が経つ年の12月31日までに売却しなければならないという注意点があります。

 

□まとめ

今回は、空き家対策特別措置法について解説しました。
また、特定空き家に指定されないための対策についてもお分かりいただけたかと思います。
ぜひ参考にして、空き家の管理を行ってくださいね。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。

投稿日:2022/05/12投稿者:-

不動産売却を行う際は、さまざまな手続きがあります。
もし土地と建物の名義が異なると、通常の方法とは別の方法で売却する必要があります。
しかし、そのような場合にどのように不動産を売却すれば良いか分からない方も多いはずです。
そこで今回は、土地の名義と建物の名義が違う時の売却方法と注意点をご紹介します。

 

□土地の名義と建物の名義が違う際の売却方法とは?

ここでは、土地と建物の名義がそれぞれ違う場合の4つの売却方法について解説します。

1つ目は、名義人同士で合意のもと、売却する方法です。
名義人が違う場合には、土地と建物を合わせて売却するために、お互いの合意が必要です。
お互いの合意があれば、名義を変更せずとも、同じ買い主に売却できます。
また、名義人が亡くなっている場合には、相続人との合意が成立すれば、売却可能です。

2つ目は、一方の所有者に売却し、名義変更してから売却する方法です。
土地と建物の名義が同じ人物になれば、普通の建物と同様に売却できます。
しかし、これによって贈与税がかかってしまう可能性があるので、注意が必要です。

3つ目は、委任状をもとに売却する方法です。
委任状は売却に合意した旨をまとめた書類です。
これによって、名義人同士が合意して売却する場合と同様に売却を進められます。
しかし、犯罪防止のため、本人確認が厳しく行われるので、早めに行動すると良いです。

4つ目は、土地と建物を別々に売却する方法です。
この方法は法律上可能ですが、土地のみ、建物のみを所有したいと考えている方は少ないので、売れない可能性が高いです。

 

□土地の名義と建物の名義が異なる際の売却の注意点とは?

ここでは、土地と建物の名義が異なる際の不動産売却の注意点を2つ解説します。

 

*売却後に確定申告を行う

不動産を売却した際には、その譲渡所得に対して税金を支払う必要があります。
確定申告を忘れずに行う必要があるので、必ず覚えておいてください。

 

*住宅ローンが残っているかを確認する

住宅ローンが残っているかを事前に把握しておく必要があります。
住宅ローンが残っている状態で不動産を売却する際に、銀行の承諾を得ずに名義変更してしまうと契約違反になります。
最悪の場合、住宅ローン残債を一括返済するように求められてしまうことがあるため、十分注意しましょう。

 

□まとめ

今回は土地の名義人と建物の名義人が違う際の不動産の売却方法とその注意点についてご紹介しました。
今回の記事をぜひ参考にしてくださいね。
不動産売買でお困りの方は、いつでも当社までご連絡ください。

投稿日:2022/05/10投稿者:-