仙台で土地の売却を検討!更地にしたほうがいいケースについて

仙台の不動産会社ホットハウスは不動産の購入や空き家・土地の有効活用をご提案

営業時間9:20~17:40定休日流通:水曜日、賃貸:日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

【仙台・不動産買取】土地を売却する際に戸建ての解体は必要?

仙台で土地の売却を検討!更地にしたほうがいいケースについて

仙台で土地の売却を進める際、戸建てが古くて耐震性が低い、人が住めないと判断したときは解体を検討しましょう。判断に迷うときは不動産会社に相談すると不動産買取などの方法も選択できます。

戸建て付きの土地は更地にしたほうがいい?ケースごとに解説!

解体される家

土地を売却する際に戸建てが残った状態というケースも少なくありません。その場合、残したままでいいのか、それとも解体したほうがいいのか悩むのではないでしょうか。

更地にすることで土地の価値が上がり、売却が早く完了することもあります。状況に応じて適切な選択が必要となります。こちらでは、土地の売却時に戸建てを解体するケースについてご紹介いたします。

管理が難しい戸建て

土地が売れるまでの間、建物を管理しなければなりません。近隣住民に迷惑をかけないためにも定期的なメンテナンスが必要です。しかし、コンスタントに管理を行うには手間や費用がかかります。このような負担を軽減したいときは戸建てを解体するのがよいでしょう。

戸建てがまだ新しく、価値があればすぐに売却できる可能性があります。しかし、古くなっていると売却に時間がかかることもあるので注意しなければなりません。土地の売却には時間がかかることを想定し、その間に空き家を片付けておくのも一つの方法です。

耐震性に不安がある

経年劣化が進み、「人が住める家ではない」と感じる場合、解体したほうが結果的に土地を高く売却できる可能性があります。老朽化が進んだ建物は耐震性が弱く、震度5以上の揺れで倒壊するなどのリスクも懸念されます。最近は古家をリフォーム・リノベーションして住むという方も増えています。そのため、これらの問題はリフォーム・リノベーションで改善できるかもしれません。

しかし、改装費用などの出費を考えて購入に踏み切れないという声も聞かれます。自然災害が猛威を振るう昨今、耐震性の整備や災害対策は必須です。老朽化が進み、ボロボロになってしまった建物だと不安に感じる方も多いはずです。解体して土地を綺麗に整えたほうが売れやすくなることがあります。老朽化の進んだ戸建ては耐震性を考慮して解体するのも一つの選択肢です。

トラブルの回避

土地に戸建てを残さないことでトラブル回避も可能です。土地の売却時、売主には契約不適合責任が生じます。把握しきれていない不具合があった場合、対処するための費用を買主側から請求されます。戸建ての老朽化による修理が必要などの場合、多額の費用を要求されたり、契約解除の申し出があったりするかもしれません。買い手が見つかった後にトラブルが発生することはよくあるケースです。トラブルを避けるためにも、不備があるかもしれないと思った物件は、あらかじめ解体しておくのがおすすめです。

仙台で土地や戸建てなどの売却をご検討の際は、ホットハウスまでご相談ください。土地の売却や付随している戸建てを解体するかどうかの判断など、疑問点や不明点をお伺いして適切なサポートをご提案させていただきます。

仙台で不動産買取や土地の売却でお悩みならホットハウスへ!

人差し指を立てる女性

土地に戸建てが残っている場合、解体したほうがいいのか悩むことも少なくありません。ボロボロの状態で耐震性の観点から不安だと感じるなら、解体したほうが売れる可能性が広がります。

不安の残る物件が存在していると近隣トラブルをはじめ、契約時に売主と買主の間でトラブルが発生することも否定できません。こうしたトラブルを未然に回避する、売却時期を早めるためにも老朽化の進んだ物件は解体するのがおすすめです。

また、空き家の管理が難しいときも解体が適切です。管理の手間を解消してコスト削減を図れます。空き家がなくなり土地だけが残った場合、買い手が早く見つかる可能性もあります。しかし、戸建てを解体するか否かの判断は難しいので、専門家に依頼するか、相談するのが適切といえるでしょう。

ホットハウスでは、土地の売却に関するご相談を承っております。不動産買取や売買、賃貸などのアドバイスも行います。仙台での不動産取引はホットハウスにぜひお任せください。

仙台で不動産買取ならホットハウス!仲介手数料もご相談ください

会社名 株式会社ホットハウス
住所 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル8F
TEL 022-215-7787
022-217-2512
FAX 022-215-7782
URL https://www.hot-house.co.jp/
代表取締役 日下 敦
事業内容
  • 不動産流動化事業 不動産売買
  • ハウス関連事業(宅地造成事業、商業施設開発)
  • 時間貸し駐車場経営 コインパーキング
  • 土地建物の賃貸管理事業
  • 土木建築設計・施工
  • 太陽光発電事業
  • 全各号に付帯する一切の業務
所属団体名 (社)全日本不動産協会会員・(社)東北地区不動産公正取引協議会加盟・(株)LIXILイーアールエージャパン加盟・一般社団法人第二種金融商品取引業協会・仙台商工会議所会員
免許番号 宅地建物取引業免許: 国土交通大臣(4)第7497号
第二種金融商品取引業登録: 東北財務局長(金商)第34号
不動産特定共同事業許可: 宮城県知事 第3号
賃貸住宅管理業者: 国土交通大臣(1)第2290号
宅地建物取引士 芳賀 敏彦 笹谷 順子 加藤 久幸 他25名