相続した土地の利用方法|家のことなら宮城県仙台市のホットハウス

お問い合わせ

相続した土地の利用方法

相続した土地を所有しているが、利用方法がなくて困っている、住んでいる場所から遠いため管理ができず、放置しているという方は多いのではないでしょうか。土地を利用せずにいると固定資産税がかかりますし、遊休土地となってしまう可能性もあります。そのような土地を所有している方は土地を有効活用して、利益を上げていくと良いでしょう。

土地の放置で起こる問題

相続した土地を放置したままにすると、様々な問題が生じてきます。例えば、雑草が生い茂ることで虫などが大量に発生したり、草花の花粉で体調が悪くなったりする可能性があります。また、枯れた草花が火災を引き起こすおそれもあります。

他にもゴミが不法投棄される、境界線が不明確になるなど、周辺の環境悪化や近隣トラブルの発生につながりかねません。土地が荒れると近隣住民に多大な迷惑をかけるだけでなく、利用できる状態に戻すのに費用や時間もかかってしまうのです。

土地を活用する方法

土地を放置してしまうと、上記で記載したように様々な問題が発生する可能性があります。トラブルを未然に防ぐためにも、どのように土地を有効活用するかを考えなくてはいけません。活用方法としては住宅用事業用として土地を貸し出したり、コインパーキングにしたり、マンションを建てて収益物件として利益を出す方法もあります。

また、思い切って売却してしまうのも1つの方法です。ただ、土地の場所や状態によって適した運用方法は異なります。様々なことを考慮して、しっかりと計画を立ててから土地を活用することが重要です。

仙台で土地活用にお困りの方はいませんか。土地活用に関するご相談は当社までお問い合わせください。
当社では直接お客様の土地を借り上げ、コインパーキングや月極駐車場として運用することもできます。土地の査定は無料で、毎月の管理も当社が行います。駐車機器類も当社が負担しますので、費用が心配な方も安心してご依頼ください。

お役立ちコラム

新築と中古どちらがお得?新築物件と中古物件のどちらの方がお得か、と考えた時、価格の面だけで見ると、当然中古のほうが安い、と思う方が多いでしょう。しかし、必ずしも安ければお得、というわけではないのが、不動産の難しいところです。金銭面だけでなく、立地や利便性、住み心地などを考えて、自分に最適な住まいを見つけましょう。

遊休土地を有効活用したい!土地をただ持っているだけでは、価値が下がってしまい、また不動産の所有にはコストも掛かります。そんな遊休土地を有効的に活用したい!というお客様の声に応え、ホットハウスでは様々な土地活用法をご提案しています。土地を相続したけれど、結局有効活用できないまま放置してある、空いた土地があるけれどいい活用方法が見つからない…そんな大切な資産の活用にお悩みの地主様、ぜひ一度、ご相談下さい。

TOP