手放したい不動産の価値を高めるために|家のことなら宮城県仙台市のホットハウス

お問い合わせ

手放したい不動産の価値を高めるために

住宅の住み替えや転勤、相続不動産の固定費削減など、様々な理由によって不動産売却を考えていらっしゃる方がいると思います。どんな理由であれ、住宅を手放すのであればできるだけ高値で手放したいと考えるのではないでしょうか。

住宅の価値

完成から1年を経過した物件、1年未満でも人が生活した物件は中古となり、新築に比べて価値が落ちます。
また、日本の住宅は20年程度で資産価値がゼロになると考えるのが一般的です。資産価値が無くなるのであれば、手放したい住宅はとりあえず売却できれば良いと考えるかもしれませんが、売りたくても売れなければ意味がありません。住宅がなかなか売れない場合は、クリーニングやリフォームが物件の価値を高めるポイントとなることも多々あります。

買い手の気持ちを考える

住宅を購入する場合、気になる住宅があれば内覧に行くでしょう。そこで生活している、もしくはしていた方に話を伺う、不動産仲介会社に相談するなど、その住宅に関する様々な情報を得ていくことになります。内覧していて、床の傷や壁のへこみ、キッチン周りの水あかといった生活感のある住宅は、購入する気持ちが薄れてしまいます。

買い手の気持ちを考えると、最低限の掃除や整理整頓、不要品処分などを行い、綺麗で衛生的な状態にしておくことが大切です。ハウスクリーニングの業者を利用し、内覧や売却の際には住宅の隅々まで綺麗にしておくと印象も良くなり、素早い売却に繋がります。

リフォームで物件の価値を高める

必要に応じてリフォームをするのも物件の価値を高めます。しかし、リフォームにかかった費用の分を物件価格に上乗せして売れるとは限りません。特に築年数が経過している場合は注意が必要です。まずは、どこをどれだけリフォームしたら物件の価値が上がるかをしっかり検討します。

床や壁、天井には穴やひび割れがないか、門や塀が壊れていないかなど、内装も外装も目立つ劣化があれば直した方が良いでしょう。特に注意したいのがキッチンやバス、トイレといった水まわりです。クリーニングでどうにもならない箇所は、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

仙台不動産買取業者をお探しであれば、当社にご相談ください。不動産売買賃貸住宅の仲介、リフォームなど、仙台を中心に様々な不動産サービスを取り扱っております。当社での買取はもちろん、任意売却のご相談も承っておりますので、仙台や周辺エリアで手放したい物件があれば気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

新築と中古どちらがお得?新築物件と中古物件のどちらの方がお得か、と考えた時、価格の面だけで見ると、当然中古のほうが安い、と思う方が多いでしょう。しかし、必ずしも安ければお得、というわけではないのが、不動産の難しいところです。金銭面だけでなく、立地や利便性、住み心地などを考えて、自分に最適な住まいを見つけましょう。

TOP