コラム|家のことなら宮城県仙台市のホットハウス

お問い合わせ

仙台で中古住宅(一戸建て・マンション)の売却をお考えならホットハウスまで~リフォームは売却時の建物評価にも影響する!?~

仙台で中古住宅(一戸建て・マンション)を売却するなら

仙台で中古住宅(一戸建て・マンション)を売却するなら

仙台中古住宅一戸建てマンション)の売却をお考えの方は、ホットハウスへご相談ください。

物件の買取や販売、リフォームなど、不動産に関するあらゆる事業を手掛けています。本社は仙台にありますが、岩手県盛岡市と栃木県宇都宮市にも支店を構えていますので、他県の方も不動産に関するお悩みがあれば、気軽にお問い合わせください。

仙台で中古住宅の売却をお考えの方必見!~リフォームで建物評価が変わる!?~

仙台で中古住宅の売却をお考えの方必見!~リフォームで建物評価が変わる!?~

仙台で中古住宅の売却を視野に入れているけれど、なかなか踏み切れない…という方もいらっしゃるかと思います。

これまで、中古住宅というのは、築年数が古ければ古いほど安くなるという考え方が一般的でした。しかし、一口で中古住宅といっても、状態や機能性は一律ではありません。

そこで国土交通省は、平成26年3月に中古住宅の建物評価のあり方を見直すという目的で「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」を発表しました。

維持管理やリフォームが適切に行われている住宅が適切に評価されるように、
・住宅を基礎・躯体と内外装・設備に大きく分類し、基礎・躯体については、性能に応じて、20 年より長い耐用年数を設定し、例えば長期優良住宅であれば100年超の耐用年数とすることを許容する
・基礎・躯体部分の機能が維持されている限り、リフォームを行った場合は住宅の価値が回復・向上するととらえて評価に反映する
こと等を評価の改善の基本的な考え方として示しています。(国土交通省ホームページより抜粋)

また、内外装・設備の価値は経年で一律に減価しますが、補修などが適切に行われることで、その使用価値が回復・向上するとしています。同等の機能を有するものへの更新であれば、100%まで使用価値が回復します。

これにより、中古住宅は経年基準ではなく、機能性も重視されるようになりました。つまり、リフォームやメンテナンスによって機能性を維持している物件は、以前よりも価値が下がらないといえます。

仙台で中古住宅(一戸建て・マンション)の売却をサポートするホットハウスへ

商 号 株式会社ホットハウス
所在地 宮城県仙台市青葉区本町1丁目5-31 シエロ仙台ビル 8F
TEL (022)215-7787
URL http://www.hot-house.co.jp/

お役立ちコラム

新築と中古どちらがお得?新築物件と中古物件のどちらの方がお得か、と考えた時、価格の面だけで見ると、当然中古のほうが安い、と思う方が多いでしょう。しかし、必ずしも安ければお得、というわけではないのが、不動産の難しいところです。金銭面だけでなく、立地や利便性、住み心地などを考えて、自分に最適な住まいを見つけましょう。

遊休土地を有効活用したい!土地をただ持っているだけでは、価値が下がってしまい、また不動産の所有にはコストも掛かります。そんな遊休土地を有効的に活用したい!というお客様の声に応え、ホットハウスでは様々な土地活用法をご提案しています。土地を相続したけれど、結局有効活用できないまま放置してある、空いた土地があるけれどいい活用方法が見つからない…そんな大切な資産の活用にお悩みの地主様、ぜひ一度、ご相談下さい。

TOP